生命の誕生の瞬間に立ち会える看護師の仕事でのエピソード

看護師として感動できる仕事をしよう!

新しい命の誕生とたくさんの喜び

新しい命の誕生とたくさんの喜び

日々、新しい生命の誕生に立ち会える産婦人科は、喜びを感じられる場面がたくさんあります。他の診療科にはない、出産という感動的な出来事をきっかけに、産婦人科での仕事に関心を持ってみてください。
ここで、看護師の体験談として、産婦人科で起こったエピソードを紹介します。大阪府に住む40代の女性看護師。元々、産婦人科勤務を希望したわけではありませんでした。しかし、最終的に、産婦人科で起きた様々なことは、勤務してよかった思える出来事に変わったようです。

実は希望者が少ない産婦人科

看護師の仕事に就いても、産婦人科勤務を希望する方は少ないようです。看護師として働く方にとっては、産婦人科以外にも魅力のある配属先は様々あるため、分散化される傾向にあります。
産婦人科の希望者が少ないことは、特殊な病棟ということも理由に挙げられます。もちろん出産するのは女性です。そのため、入院患者が女性に限定されることに加えて、働く勤務者も女性の看護師がほとんどです。このような職場環境も、産婦人科の働き手が少ないことへとつながっています。

感動のエピソード

産婦人科には、産科と婦人科があります。この看護師が勤務していた産婦人科のある病院では、婦人科は比較的患者が少なかったため、産科で来院する妊婦健診の看護対応にあたることが多い現場でした。
産婦人科の仕事の魅力は、通常の看護師が感じられない感動があることでしょう。それは、新しい生命の成長過程を追っていき、最終的に出産の場面まで立ち会える点です。まさに、女性が母親になる瞬間に立ち会える、無事に赤ちゃんを見届ける、他に類のない感動をここで味わえます。この感動は、看護師になってよかったと思える最大のポイントでしょう。看護師としてのやりがいを感じられ、特別な空間を職場にできる喜びは、ひとしおです。出産の瞬間というのは、母親や家族の喜び、またその周囲にいる方々の喜びでもあります。幸せな空気で包まれるその瞬間こそ、一緒に妊婦健診を積み重ねると感じられる、大きな感動でもあり貴重な経験でもあります。

実体験が活きるスキルに

産婦人科での貴重な経験が、この看護師自身にも役立つことがあります。それは、自分自身が出産する時です。看護師としての予備知識があったからこそ、経験のない非現実的な出産というものについても、落ち着いて対応できたのです。出産を理解できていると、安心感を持つことができ、これまで学んだことも腑に落ち、実際に確かめられたこともあったのです。

看護師は価値ある仕事

看護師は、医療の現場には欠かせない存在です。様々な原因や理由で病院のお世話になる患者に寄り添い、患者の回復をサポートしていくことが仕事です。所属する診療科によっても、業務内容が違うため、やりがいもいろいろ。感動のエピソードからやりがいを知りましょう。おすすめの転職エージェントの情報も紹介していきます。【お問い合わせ先】

看護師は価値ある仕事