患者の回復までを終始ケアしていく整形外科の看護師のやりがい

看護師として感動できる仕事をしよう!

整形外科看護師のやりがい

整形外科看護師のやりがい

整形外科では、骨・関節・筋肉・神経・軟骨・靭帯など、主に運動器系に対する診療や治療を行ないます。例えば、骨折、腰痛、肩こり、関節痛などのように、誰もがかかりやすい身近な症状が治療の対象となります。また、子どもから大人、高齢者まで、全ての年齢を対象とし、患者数が多いのも特徴です。そのため、介護士として求められるスキルは高くなり、スキルはやりがいにつながっていきます。

患者を一貫してケアすることができる

整形外科では、手術から回復期まで、同じ患者を一貫してケアしていくことができるのが大きな特徴です。他の科では、手術の時、手術後、そしてその後のリハビリの時期と、病棟も担当者も変わることが一般的です。ところが、整形外科の場合は、手術をしてから退院、その後のリハビリまで、同じ病棟で治療を続けていく場合がほとんどです。そのため、看護師は実践でスキルを伸ばしていけます。手術、治療、リハビリ、全ての技術を習得して、自分のものとしていけるのです。
看護師は、最初は患者の一番大変な時期に関わっています。歩けなかったり、自分で動けなかったり、車いすや杖を使っていたり、トイレやお風呂などの介助が必要な時もあります。日々治療を続け、患者が少しずつ自分でできることが増え、徐々に回復しながら、もとの生活ができるくらい元気になっていきます。患者が少しずつよくなっていく過程を一貫してサポートするのが、看護師の仕事なのです。患者の努力によって、回復し退院していくことに感動をします。
整形外科での看護師のやりがいは、患者がよくなっていく過程に関わることで、達成感を感じられることです。そして、看護師としての技術や知識を実践から身につけ、自身を成長させていくことができます。

患者からの感謝の言葉

整形外科の看護師は、患者の大変な時期から元気になるまでを共に過ごしていくため、患者から「ありがとう」と言われることが多いのです。例えば、自分では動けなかった患者が動けるようになり、自分でできることが増えた時。患者から「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらうことがあります。お風呂やトイレ、着替えなど、仕事とは言え、患者側からしても申し訳ないなと思ってしまう事柄です。そこを、笑顔で対応してくれる看護師に、感謝をしているからこそ言っていただけるのです。
特に、整形外科には、子どもから高齢者まで、様々な年齢の患者がいます。時には子どもたちからも「ありがとう」の手紙をもらうことがあります。そんなところに、たくさんの感動のエピソードがあるのです。

看護師は価値ある仕事

看護師は、医療の現場には欠かせない存在です。様々な原因や理由で病院のお世話になる患者に寄り添い、患者の回復をサポートしていくことが仕事です。所属する診療科によっても、業務内容が違うため、やりがいもいろいろ。感動のエピソードからやりがいを知りましょう。おすすめの転職エージェントの情報も紹介していきます。【お問い合わせ先】

看護師は価値ある仕事