やりがいや感動の瞬間は?看護師のやりがいを働き方別に紹介

看護師として感動できる仕事をしよう!

看護師のやりがいとは?

看護師は、様々なやりがいを持てる仕事です。ところが、働く環境によってもやりがいは違ってきます。ここでは、看護師のやりがいについて、産婦人科、消化器科、整形外科の3つの診療科について、働き方別に紹介します。看護師として仕事をしている中には、様々な感動する現場にも出会います。患者と看護師の関係から生まれる信頼感が、感動するエピソードを作りだします。このような人間関係からも、仕事のやりがいを見つけていくことができます。それぞれに診療科の業務内容と合わせたやりがいを紹介します。

  • 産婦人科看護師のやりがい

    産婦人科看護師のやりがい

    同じ看護師の中でも、産婦人科はある意味で、特殊な環境です。それは、病気の患者もいますが、健康な人も受診する科だからです。そして、対象は女性のみです。産婦人科ならではの感動のエピソードは、生命の誕生という瞬間に立ち会うことができることです。大変なこともあり、喜ばしい結果に至らないこともありますが、患者の妊娠から出産までの期間、そばで見守り寄り添う仕事。「おめでとう」の言葉と笑顔があふれる職場ですから、看護師としてのやりがいを感じることがたくさんあるのです。 続きはこちら

  • 消化器科看護師のやりがい

    消化器科看護師のやりがい

    消化器科の看護師のやりがいは、患者のサポートです。手術や治療は、体に負担がかかります。そして、社会復帰への不安も。医師とは別の形で、患者をサポートし、回復へと導きます。元気に退院される姿に感動を覚えるでしょう。消化器科には、消化器外科と消化器内科があります。消化器外科では、手術に関わるので、医療の知識や看護師としての専門性が求められます。消化器内科では、医師とともに患者をケアしサポートするため、細やかな対応やコミュニケーション能力が求められます。それぞれのやりがいについて紹介します。 続きはこちら

  • 整形外科看護師のやりがい

    整形外科看護師のやりがい

    整形外科は、日常生活の身近な体の不具合を診察や治療してくれる診療科。誰でもかかりやすい症状、骨折や腰痛、肩こりなどになった時にお世話になります。そして、幅広い年齢層の方が患者です。看護師としての対応の仕方も、工夫が必要となるでしょう。整形外科での看護師のやりがいは、やはり患者を回復に向けてサポートすることです。診療、服薬、そしてリハビリ。様々な方向から回復へのサポートをしていきます。回復までの一連の流れに関わるため、元気になった時の感動はひとしおです。 続きはこちら

看護師は価値ある仕事

看護師は、医療の現場には欠かせない存在です。様々な原因や理由で病院のお世話になる患者に寄り添い、患者の回復をサポートしていくことが仕事です。所属する診療科によっても、業務内容が違うため、やりがいもいろいろ。感動のエピソードからやりがいを知りましょう。おすすめの転職エージェントの情報も紹介していきます。【お問い合わせ先】

看護師は価値ある仕事